ギフテッドの友人のその後

一度この記事を投稿してから、いろいろと思うことがあり削除しました。
私の大切なともだちについての話題を、公にすることに躊躇したためです。
そして、彼女の歩んできた人生について、私が思ったことを書いていいものか。

その後考え、やはりこちらに書くことにしました。
そういった背景がある旨ご承知置きの上、読んでいただけたら幸いです。
***********************************

私のアメリカ人の親友J(女性)は、40代中半で明らかなギフテッド。

あれは27年前のことです。
私が高校2年生で短期アメリカ留学していた際にJと知り合いました。
彼女は、私より1歳年上なのに、当時大学の2年生でした。
2年分飛び級してることになります。

Jは将来弁護士になりたい、という夢を持っていました。
大学の寮に入り、学生生活を謳歌していたようです。勉強の方は簡単だから、とあまり机に向かっている姿を見たことはありませんでした。
とても美人で人気があり友人が多く、お酒も飲んでいたし、大麻(Potと呼んでいた)も時々。お友達とよく夜、出歩いていたようです。社会見学のためにと、私も時々連れ出してくれました。

私はアメリカに行くのが初めてで、アメリカ人はみんなそういうことをしているんだ、って17歳の私は思っていました(笑)。

私は留学を終え、日本に帰国。それ以来、手紙で文通してました。

Jは大学を終え、突如モデルになりたいと言い出し、大都会に引っ越しました。
そこでルームシェアをしていた男性と結婚する、と結婚式の招待状が来たのが彼女が二十歳のとき。
それはすてきな結婚式でした。

それから、お互い忙しくなり引っ越しを繰り返すなどし、20年ほど連絡が途絶えていました。

去年になってソーシャルネットワークサイトを通じて友達リクエストが来たんです!

当時のモデルのお仕事は残念ながら、望む方向に進まなかったようで、事務職をするように。そして妊娠。
かわいい女の子が生まれました。
数年後ご主人との関係が悪化し、離婚。

シングルマザーとして、娘さんを立派に育て上げながら(今お子さんは大学生)、大企業の役員秘書としてお仕事も続けてました。それが突如、リストラに合い失職。
何度か事務職が見つかったものの、残念ながら長くは続いていないようです。

***************************************

Gのことで、ギフテッドという言葉を知ってから、時々彼女のことを思い出します。

彼女の人生は、大学に入るときに思い描いていた夢、というものから、ずいぶん遠のいてしまったのではないか、と。人間生きていれば、いろんな経験をすることで価値観や思いも変わり、岐路を転機とし、自分の望む方向に修正していけるものです。

頭脳明晰で、思いやりがあって、人間としてすばらしい彼女。

先日、JがFacebookで愚痴を言ってたんです。
「正社員じゃないから、1キロも先に駐車しないといけない。歩くのが大変。」と。
「最近の趣味は、ゴミ箱をあさって、家具にとリサイクル&補修し売りに出すこと。その結果、鼻の奥にカビのようなものが繁殖したらしく、医者にかかり抗生物質を飲んでる。」

彼女と知り合った当時17歳の私には、到底想像もできなかった彼女の今の現実なのです。

大学にいた頃の彼女は若かったこともあるし、もっと、周りにメンターとなる人との出会いがあって、彼女の望む道に導いてあげていたら、それは又違う人生になっていたのでしょうか。
もう遅いと知りつつも、そんな私の勝手な願いが、ふとよぎります。

一旦社会にでると、いろんな誘惑や楽しみがが待っています。親からの制約だってない。目の前でお酒を飲んでいた彼女に、私がもし、「未成年なんだから、やめなよ、夢を叶えるためにがんばって勉強しようよ。」と言えていたら、と後悔もしたり。

一度、これだ!と思うと一直線に突き進む彼女。その時々での思いが強かったのでしょうから、周りが何を言っても、変わらなかったかもしれません。

私がGの人生を考えるとき、ある年齢までは、私の眼鏡を通して本人にとって良い、と思うものを与えてあげられるけれど、一度自分の手から離れてしまったら、Gが一人で毎日のたくさんある選択肢の中から一つ一つ自分で選び、決めながら、人生を突き進んでいくのです。

自分の人生のために、誘惑などに惑わされず、夢や目標に向かって一番良い、正しい決断ができる大人になって欲しい。
時にはつらく、大変なことかもしれないけれど、それが将来自分のためになるのだとしたら、それに向かって突き進んで欲しい。

その見極めは、大人である私にとっても常に人生の課題であって、難しいんですけどね(笑)。

長い文章読んでくださりありがとうございました!

いつも訪問ありがとうございます。^^
ブログランキングに参加しています。

下のバナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
Commented at 2013-05-31 00:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-05-31 00:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Giftedkid at 2013-06-03 01:27
カギコメさん、コメント&詳しいお話をありがとうございました。
正直、今回書くことはとても勇気がいって、お叱りのコメントを頂くことを予想していたので、コメントいただきとてもうれしかったです。
ギフテッド関連の書籍を読んだ際、よく、ドラッグやアルコールはじめ、誘惑に溺れたり、鬱になったりするケースが多いと書かれていたんですよね。ドーパミンはじめ何らか脳心理学的に、そういった刺激や欲望を求めてしまうようなことがあるのかもしれませんね。
常に初心に返ってくれて、おっしゃる通りメンターの存在が常に近くにある(異なる人でも)ような環境、に恵まれることを願ってやみません。
カギコメ多いに大歓迎ですので、これからもどうぞヨロシクお願いいたします。??
ぜひ、お時間があるときに今後また興味あるそちらのお話が聞けたらうれしいです。
Commented by しまなみ at 2013-06-03 12:52 x
日本の進学校の校長先生が言われたコトが、かわいこちゃんになれ、というコトバだったそうです。女子校の女性校長です。ジェンダーからは反発も感じましたか、多角的な抑制が、才能溢れる人にこそ、必要(^^)で、やはりそれを教えてあげられるのは、さらに才能溢れるメンターでしかないかもしれない。彼女もまだまだこれから、さらに若いひとにメンターたりえるお年です。良き弟子がつく出会いがありますように。全ては無駄にならない。私にとっては忘れられないハナシになりましたよ!
Commented by Giftedkid at 2013-06-06 08:35
しまなみさん、コメントありがとうございます♪
かわいこちゃんですか。。。持ち合わせているものすべてを最大限に生かせる環境づくり、を努めれば必ず花が咲く、という思いなんでしょうか、ね。本人は変われない。それを周りでどう受け止められるか。
かわいこちゃんか、どうかは大差ありますよね。確かに、分かれ道ではありますよね。おっしゃりたいことわかります。
いつか、堂々と、自分らしく、他と異となれ!くらい、言ってくれる教育者に出会いたいものです(笑)。
私は子供のときから、人と同じなら自分の存在価値がない、と心に信じて、違うことばかりをしてきました。自分の人生は、より自分らしく。子供にも心遣いは必要だけど、周りに合わせることなく堂々とあってほしい、と勝手な願いを持っています。
(話がそれてしまって、ごめんなさい♪)


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by Giftedkid | 2013-05-31 00:10 | ともだち | Comments(5)

Highly ギフテッドの子を持つ親のつぶやきです


by Giftedkid