新学期がはじまって

先週からアメリカにあるうちの学区では新学期が始まりました。

数日前にクラス表が張り出され、子どもたちはどのクラス&先生か、またお友達と一緒になれたかどうか、ドキドキしながら確認してました。

Gは4年生になり、あたらしいクラスには親友のA君がいませんでした。
実は夏休み入る頃に引っ越しをし、違う学区に通う事になったそうです。

クラスのほとんどの生徒が知らない人ばかりでちょっと緊張気味です。
先生は、インターネットサイトで名前を検索したら、先生の評判サイトのようなものがありました。
読むと、整理整頓や、規律を守る事についてかな〜り厳しい先生だそうでした。
卒業した生徒が何年かして、書き込んだメッセージによると、当時先生のクラスではいやだなぁ、と思っていたけれど、そのうち大きくなって自己管理をする上でとても先生のおかげで身に付いた事がたくさんあるし、感謝している、とありました。

Gの一番苦手な整理整頓。。。この1年かなりチャレンジな一年になるかと思います。
本人もがんばる、と言っているのでできるだけ温かく見守って行きたいです。

Back to School Nightという、先生による保護者への説明会も終えました。
先生は、50代後半あたりの白人のアメリカ人の先生で、お子さんも既に成人。
経験豊富な方のようで、お話し好きなおばちゃん、っていう雰囲気を感じました。
苦手な学科が算数、とあって、ガクッと肩も落としましたが、あまり期待していない学校なので(後に理由があり)仕方がないかな、と思っています。
高学年になると教室も華やか、というよりも、厳粛な感じで文字での説明が多く、3年生の教室の雰囲気と随分異なっていました。

算数は、1分間に1桁のかけ算を早く解く練習をしてるらしいです。宿題も毎日2回家ですること、となっています。55問あたりかな、昨日は59問解けてGは喜んでいました。
クラスで1番早く解けることに喜びを感じつつ、もっと早く解きたい、という願望が強いようです。

素直というか、実直というか。。。見ていて、本当ならもっと難しい事したいだろうになぁ、と申し訳なく感じています。
Gが1年生ときを思い出しました。授業があまりにも簡単すぎて授業中、白夜を見つつ教室を一人歩き出した事がありました。ボーッと窓を眺めていたり。
かえって、そういうことがあった方が周りの教師、親も気づきやすいですよね。今は、周りの環境に順応しやすい年齢になってきているので、それで対応してしまうんでしょうか。「こんな簡単な事したくないっ!」って言っていた数年前とは対称的です。

以前にも書きましたが、この学校(公立)の校長先生は、保護者と直接会話をしたくないというポリシーがあるようです。。。果たしてどうアプローチしたら良いか。。。

とりあえず、クラスで先生のお手伝いを今年はしよう!と思い、ボランティア希望を出しました!
週1回ほどクラスに入ってお手伝いするようになれば、先生との疎通も図れるし、クラスの内部も見れるのでは、と期待しています。

Gは最近、地理にすごく興味を示していて、全世界の地理(都市名、首都名、川の長さはじめ、歴史、人口、国際情勢)にかなり詳しくなったようです。話しを聞いていて、親の私たちはわからないことの方が多いほどです。
本人は、Geo Beeに今年出場したい、と言っているのですが(小学4年生から出場可能)、公立校だと校長先生が申込書を100ドルの小切手とともに送るシステムになってるようです。
保護者と話し合いをしたがらない校長先生が、果たしてそういうことをしてくれるだろうか。。。

本音を言うと、かなり躊躇しています。。。申し込み9月中旬なんですけど、今年はもうアプローチするには遅すぎるしなぁ、と思い始めてます。

すみません、独り言のようになってしまいました。

下のバナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by どんぐり at 2014-09-02 10:18 x
なんか、わかる気がします。
学校に順応できるのは、大事な能力だと思います。
G君はその能力があるんですね。
本人のしんどさが行動に出ると、親も焦るし必死になるけれど、
順応してるときって、親も、それまでの疲れが出て、急に気持ちがヘロヘロ~っとなりますもん。
うちも、いつもその繰り返しです。
それでもやっぱり、こどもは無理をしてるんですよね。

できれば、勉強の向上・・・というよりむしろ、興味関心のある分野で一緒に盛り上がれる友達を作ってやりたい、友達と笑い転げる経験をさせてやりたい、その一心で、我が子にあった環境を見つけてやるしかない、、、そう思う親心ですよね。疲れますが、、、(涙)

そうそう、宇宙博いきましたよ!
Commented by Giftedkid at 2014-09-06 03:14
どんぐりさん、コメントありがとうございます!
なんだか、一緒にお会いしてお茶したい気分です(笑)。いろいろとお話が弾みそうで。。。

学校で思う存分知的要求が満たされていないな、というのは、家に帰って来てからのいろんな図鑑や書物にすぐ手を出すか、などがものさしになってて、よくわかります。??
自分の世界にひたって、いろんな知識を得たい欲求が目に見えるからです。落ち着いてから、先生にも相談してみたいと思います。頑張るぞ〜!(笑)

宇宙博行かれたんですか!
いかがでした?幕張メッセ、広いですからかなりの展示物あったのでは?と想像してます。お子さんの反応はどうだったかな?
ぜひ伺いたいです。??
どんぐりさんはブログやってらっしゃいますか?もし、未だでしたらいつか、ぜひいかがですか?私みたいな、不定期で、あまり更新していない人もいますので、どうぞお気軽に(笑)。
Commented at 2014-09-23 23:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Giftedkid at 2014-11-11 11:50
鍵コメさま、お返事ありがとうございました。すみません、1ヶ月以上もそのままにしていまい大変失礼なことをしました。
なるほど、そういうご事情があるんですね。すごくよくわかります!私も同じ思いでもありますから。。。
写真もちらっと出したこともあるのでわかる人にはわかってしまうかな(笑)。私は自分が忙しくなってしまって、子供のことは2の次になってしまいお恥ずかしいのですが、毎日いろんな事件や驚きがありつつ、どう乗り越えて良いのやら試行錯誤です。みなさんのご参考になることを果たして書けているのか、大変疑問ですが、こうして書いてくださって心が救われる思いです。これからもどうぞよろしくお願いいたします!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by Giftedkid | 2014-09-01 12:24 | せいかつ | Comments(4)

Highly ギフテッドの子を持つ親のつぶやきです


by Giftedkid