嘘との闘い(その後)

先日、Gが自室に夜iPadを持ち込み、夜な夜なゲームで遊んでいた話をしました。
あれから1週間後、また同じようなことがありました。自分でオフィスの鍵を見つけ、iPadを出して持ち出し、遊んでいました。

堪忍袋の尾が切れた私は、ついに、「もうゲーム消すぞ。」と脅しました。
泣きながらGは自分でGeometry Dashとかいうゲームを消去。

3分ほど涙を流してたようですが、ケロッと今度は自分のコンピューターで遊んでましたっけ。打たれ強いところもあるんだ、と妙に感心してしまいました105.png
夫は、「Gの好きなゲーム消させるなんて、11歳の子供がかわいそうなんでは。」と近くでオロオロしてましたけど、Gの様子見てると全然大丈夫でした。

【自分のしたことで、どんな結果を招くか】、学ぶ良い機会になればと思います。

毎回、Gの「もう勝手に夜、iPadm持ち出して遊びません。」という表情は、正直に反省していることがうかがえます。でも、まだ幼い11歳。衝動的にどうしても遊びたくなるんでしょう。
「周りの友達は、10時、11時でも遊んでる。なんで僕だけ。」と納得いかないこともあるようです。補習校はじめ、楽器2つの習い事、数学の塾、と本当にめまぐるしく忙しいし、確かに自由に遊べる時間は少ないでしょう。

一度遊び始めると、果てしなく、終わりなく遊び続けます。下の二人も一緒に。
この世には、そんな楽しいことだらけ、どうやってこれから自己管理力を高めていけるのだろうか。。。

今後の課題でもあります。

応援クリックよろしくお願いいたします!🌹
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by Giftedkid | 2017-09-12 10:33 | せいかつ | Comments(0)

Highly ギフテッドの子を持つ親のつぶやきです


by Giftedkid