カテゴリ:Gの特徴( 18 )

前回、Gが不器用であるような内容の記事を書きました。

しかし、不器用かと言われると疑問に思うこともあります。

最近ですと、習い始めたばかりのバイオリン。
個人レッスンを2ヶ月前から始めたのですが、先生(L先生としましょう)が若い男性で、ライフスキルまで教えてくれる(むしろ超熱血系)熱心な先生です。

将来が楽しみだと言ってくれ、すでにビブラート(バイオリンを持つ方の指を震わせて、音を響かせるテクニック)まで教えてくれました。

私はこれまでバイオリン触ったことのないほど、全く弦楽器については知識がありません。
自分でも試しに、そのビブラートを試してみたのですが、腕全体が動いてしまい、結局両腕が何やってるのかわからなくなり、バイオリンを動かしてしまいます。

普通なら、2、3ヶ月かかるそうですが、Gは2日でマスターしました。
(プロの方に言わせたら、きっと「それはマスターしたことにはならない!」と叱責されてしまうかもしれませんが。。。)

先生も驚かれ、教本から、3つ弾いてくださり課題曲を決めるため「どれが好き?」とGに質問。
Gは、聞いたことがあって、一番難しそうでない曲(La Cinquantaine by Gabriel Marie)を選びました。→それでも、ものすごく難しい曲なんですが。。。

曲の練習を初めて1週間、一日10分ぐらいで大丈夫なんだろうか。。。

バイオリンは(去年から音楽の授業で習い始めたので一応)1年で、3歳からこれまで習ってたピアノと同レベルの教本(ソロリスト用)を教わっています。驚きの速さです。
きっと、ピアノで培った音の聞き取りのおかげなのかな、と思います。絶対音感もあるようですし。

下の子供二人もバイオリンに目覚め、二人目はGと同じ先生に習うことにしました。
三人目ミニGは、様子見です。習うならハーフバイオリンを買わなくては。。。
Eastman、Scott Caoはじめ、いろんな種類があり、とりあえずG用には学校を通じてレンタルしています。
どなたか、オススメのバイオリンがありましたら、おねがいいたします!110.png
e0297789_02173090.png

お読みくださりありがとうございます!

応援クリックよろしくお願いいたします!🌹
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2017-09-19 02:19 | Gの特徴 | Comments(2)

現地校7年生となって、早2週間が経ちました。
うちの学区では、5年生(小学校の最高学年)の終わりに「次学年のクラス分け」の基準となる算数テストがあります。このテストの結果により6年生(=アメリカ中学1年生)の算数のクラスが決まります。能力別に振り分けられるため、落ち着いて普段の通りに行う必要があります。
数学好きのGは、正答率99%以上のクラスに入りました。6年生でありながら1、2学年上相当の算数をしており、今7年生のGは、9年生のAlgebra(代数)を勉強しています。11年生ではCalculus(微分積分)を学習するそうです。
お恥ずかしい話、数学の宿題は、(私が文系出身のため)宿題を見てあげられず、夫が見ています。119.png
(Gよ、線を描くときは定規を使ってくれ〜!)
e0297789_08481197.jpeg

おととい、Back to School Night(先生が保護者に一年の学習課題について説明)があり、夫が話を聞いてきました。
数学の先生の話では、5年生のクラス振り分けテストで決まったクラスは、問題がない限り(そして毎学年末テストの結果で)翌年も継続されるとのこと。これまでの経験で、(明らかに)授業についていくのに大変な児童もいたそうですが、今まで一人も保護者から、下のクラスに変えさせたいとの希望はなかったそうです。先生の意見では、自分のレベルに見合っていないと思われる児童の場合(=明らかに理解できていない)、その子のためになっておらず大変残念だ、ぜひ勇気を持ってクラス替えを検討してほしい、との話でした。

エンジニアを経て、数学含め博士号を2つ持ち、教師歴12年、ユーモアあり洗練され、とても熱心なイメージを持ちました。
以前、GはEPGY(スタンフォード大学が行うGifted and Talentedオンラインクラス)を受講しており、辞めた時点での数学レベルにちょうど見合う形で、良い移行だったみたいです。

他の授業の先生方(Language Arts, Science, Social Studies, 必須選択科目のオーケストラ、PE(体育))からも説明がありました。それぞれの教室で、12分ずつの説明だったらしく、夫は急ぎ足での移動で大変だったとか。
Gは、それを毎日、授業毎の教室移動で、いつもバイオリンケース持ってなのです。もっと大変!お疲れ様〜171.png166.png

早速おとといから、学校のウェブサイトで日々の子供の成績が表示されるようになりました。
100点満点を基準に、(忘れ物をしたとか、テストの点数から)科目別でその日の総合成績がわかります。
満点好きなGにはモチベーションになってるようです。去年は、Gがよく忘れ物をしまして、せっかく頑張ってるのに成績が下がった、ということもありました。確認しなかった親の責任でもある、と感じ反省しました。

日々、学校から帰宅すると、全科目の先生のウェブサイトを見て、宿題を確認します。楽器の練習をし、忘れ物がないか、次の日の準備をしていると、すぐシャワー、夕食の時間です。

新学期に入り、Gの様子から、ストレスを感じているのかな、ということもありました。チック症状のような音が小さく聞こえるんです。iPadを使っての授業もあり、日々使う時間が長く、それも疲れる理由かもしれません。家ではできるだけリラックスできるよう、テレビやコンピューターの時間を制限し、早く寝させるようにしています。

と言っても、夜中まで読書しているようですが(汗)。

今日は金曜日、Gは1週間を無事終えられ、ホッとした面持ちです。少し休んでからバイオリンとピアノの練習〜!
几帳面な性格からか、20分ずつと決め、それ以上はしません。。。129.png

それではみなさま、良い週末をお過ごしください。
Gが作り始めた目玉焼き、だんだん上手になってきました!
e0297789_09325773.jpg

クリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2017-08-26 09:29 | Gの特徴 | Comments(2)
まだ4才なのに、暇な時間を見つけてはiPadしたい〜と言い出す、ミニG。

「それじゃ、絵でも一緒に書こう!」と提案すると、いつも嫌がるんです。

ミニGによると、書きたくない理由は、《ペンギンが書きたいのに書けないから》。

○とか、△とか書いてみようと、線ひょひょろ〜とかさ、それで何か絵つくってみようよ〜、など、提案するんですけど、どうしてもペンギン書きたいそうで(汗)。

ペンギンフェチで、同じペンギンのぬいぐるみ4個も持ってるほど(笑)。好きな物、ことには本当に凝る性格です??。

結局は、「ママ、ペンギン描いて〜」になってしまって。。。何でもいいから、と描かせても、「うまく描けない〜」と投げ出す始末で。

完璧主義すぎて、自分の出来ないことを目標に掲げてしまい、今の一歩が踏めない性格みたいです。

これは、ある意味、上に兄弟がいるから上手な絵見てるから、ということなのかな、とも思います。上手な絵を見てると妥協できなくなるのかな。

下のバナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2014-01-02 08:58 | Gの特徴 | Comments(0)
むか〜し、一度ミニGについての記事を書いたことがありました。
(まだの方はコチラを)

ミニGは、Gの弟で4才になったばかり。
この子が、また変わっていて手こずることがしばしば。

2才半からデイケアに入れてるんですが、先生から言われたのが「不平不満をずっと言っていて何するにも嫌がるんですよ。」と笑われてしまったんです。

そして、デイケアで提案され、家でも一貫することにしたのですが、そういう場合になった時「無視」したんです。

すると、ちょっとしてから周りのお子さんと同じことをして遊び始めたり、お昼ご飯を食べ始めたりしたそうです(笑)。家でも、確かに不平不満が多かったので、言われるように動いていた私がまずかったんですよね。言えば、周りが自分の思い通りにやってくれる、と悟ってしまったんですから。

4才になった今でも、いろんな手を使って境界線を自分の欲する方向に向けようとしてきます。
表情、声のトーン、理論を使って、こちらの様子を伺うタイミングも絶妙です。あなたは俳優か!?と聞きたいくらいのときも(笑)。

最近では、なぜだめなのか、それではどうすれば、したいように出来るか、を話して納得させるほうが早い、ということがわかりました。と言っても、まだ4才。やはり夕方から夜にかけては機嫌が悪くなりますよね。。。疲れてるから早く寝かせたいけど、これがまた、寝ない子で。。。

8才のG、6才の娘と、ミニGの3人で遊んでるの見てても、ミニGが一番年下だと、本人が思ってないようで、見てて面白いです。人の間違いや悪いことをしたとき指摘したり、私に告げ口したり(笑)。

ボーッとしてることが多いGと反比例してて、そういう違いもまた見ていて楽しいものです。??

読んでいただきありがとうございました。応援クリック宜しくお願い致します♪
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2014-01-02 08:46 | Gの特徴 | Comments(0)
学校のプール遠足から無事G戻ってきました!

真っ黒に日焼けして、見ると顔の周りや両手が赤かったので、ビックリ!
洋服にも赤いものが。。。(えええっ、誰かに殴られて血でも出たのかっ!?!?)

そしたら「みんなでアイス食べたの」ですって。。。
たしかに、アメリカのアイスって着色料すごいですものね(笑)。

あー、びっくりした。。。
(きっと、アイスが顔について両手で拭いてたんでしょうね。それにしても、洗いに行こうと思わなかったのかしら。。。)

練習した、プラスチック袋にぬれた水着を入れてから縛ることも無事できたそうで、忘れ物もなし!
やった〜〜〜!!!
どうやら、クラスに数人、袋の縛り方がわからなかった子がいたそうです。
Gはすかさず、やり方を教えてあげたんですって。←きっと得意げだったに違いない(笑)。

良い思い出になったようで、安心しました。事前に練習しておいて本当に良かったです。

前置きが長くなりました。
*****************************

昨日、夕飯のとき、Gの昔を思い出す光景を見ました。

ミニG(Gの弟、ただ今3歳)が、Gの言うこと、すること、をすべて真似しはじめたんです。
Gはすぐ、「Don't copy me(真似しないでよ)」と言いました。

それを見て、私はGに笑って言いました。
「覚えてる?あなたは、幼稚園と小学1年生のとき、いっつも周りのお友達の真似してて、みんなに、“真似しないで”って言われてたんだよ。」

標的(この子の真似しようと思った子?)を決めたら、その子が立ったら、自分も。走ったらGも一緒に、と本当に何から何まで真似してたんですよね〜。ゲームみたいに、楽しみながら。
不思議な光景でした。
さすがに嫌だ、と言われたらやめてたようですけど。。。

“なんで人の真似してたの?”って聞いたら、何をしたらいいのかわからなかったんですって。

作文や、絵を描くときも当てはまるのかもしれません。
何かを表現したりすることは、まるで行ったことのない世界に、足を踏み入れるようなものなのでしょうか。何をどうしていいか、自分が何をしたいかもわからないような感じだったのかもしれません。

数学の勉強もそうです。一つ例をあげると、すぐコツをつかむんですよね。当時1年生の担任の先生も驚いていました。
説明をするよりも、例を見せた方が早い、と。
口頭での説明って、(Gを見ていると)いろんな解釈の幅が増えてしまって、かえって混乱する場合もあるような気がします。

模倣をすることで、秩序やルールを自分の中で処理して学んでいるんでいるのかなと思いました。

さてさて、Gの昔を思い出させるようになったミニG。(写真は図書館に本を返却したところ)
e0297789_2364823.jpg


1年前(2歳の頃)、駐車している車のナンバープレートを指差してアルファベットを一つずつ読むようになりました。英語&日本語もかなり話すようになり、文法的に間違いが全くといっていい程ありません。
このあたり、すべて昔のGとそっくり。そして、(Gより!)理屈っぽくってすっごい頑固(笑)。
Gと違うのは、社会性があって自分の身の回りのことがしっかり出来るんです。←2番目の子(娘、5歳)に似てる。大人がちっちゃくなったみたい(笑)。

これからミニGとして登場してくるかと、思います。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。??

いつも訪問ありがとうございます。^^
ブログランキングに参加しています。

下のバナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2013-06-06 23:19 | Gの特徴 | Comments(4)

お友達が出来ない。。。

この半年で小学2年生のGが2回転校したことを、以前お話ししました。

もともと住んでいた場所は教育環境は悪くはありませんでした。チャータースクールで、校長先生はじめ担任の先生方も(キンダー&1年生)、Gのよりよい環境づくりに取り組んでくれました。

ただ、中学&高校と進むにつれあまり環境的には芳しくないという話を聞いたこと、そして将来引っ越しするなら子供が小さいうちがいいのでは、と思うようになりました。

そして、少しずつ家を探し始めたところ、数ヶ月もしないうちに決まってしまったんです。

引っ越し先の学区は、小中高とどれをとっても評判&APIスコアも良く、夫の職場にも近いところです。
また、数学大好きなGのために、中学&高校は数学コンテスト関連のコンテスト実績のあるところ。
そのときまでGが数学好きが続くかわかりませんが(笑)。←恐竜好きになったので、実は博物館の隣が良かったかも?(笑)

ただ、一番の障害は、学区が良い分、不動産がとてつもなく高かったこと。
前向きに考え、それを逆手にとって将来への投資になる、と考えるようにしました。

そして、以前との大きな違いとして、ここに住む知人から言われたことがありました。
アジア人(特に日本人)が多いことでのお付き合いが大変よ、と。
正直、そのときは、日本人の方なら言葉もわかるし、どうして大変なのかわからなかったんです。
確かに、周りのお子さんは、中国人、インド人、韓国人、日本人、と言い切れるほどアジア人比率が高いです。
それくらい、アジア人の親御さんたちは教育環境について真剣に考えているということなんでしょうか、ね。

引っ越しすることになった背景には、あーちゃんブログでご存知のママさんの様子を伺っているうちに、今私たち親ができる最前のこととは何か?を問い続けなければいけない、と思ったことがあります。あーちゃんママのブログがなかったら、恐らく私たち夫婦は真剣に考えず、環境への疑問は持ちつつ、常にそのままの環境に居続けていたと思います(もちろん、それも一つの選択肢ですが)。
その点でも、ママさんのおかげで人生が変わったと言っても過言ではありません。ママさん、ありがとうございました。??

引っ越しした時期は、10月だったのでアメリカでは既に新学期が始まっていました。
新居の近くにある学校(ホームスクール)には既に空きがなく、そこから車で5分ほどの学校に通うことに。
そこでの担任の先生は、他州から引っ越ししてきたばかりで、のんびりしたやさしい方。
Gの性格をすぐ読み取ってくれて(笑)、仲良くなれそうなお子さんの隣の席にしてくれたり、気を使ってくれたおかげで、すぐお友達が出来ました。特に一番仲が良くなったインド人のAくん。
新学期が始まったばかりだったから、うちとけやすかったのかもしれませんね。

そして半年後にホームスクールに空きができ、晴れてGはそこに通うことになりました。
せっかく仲良くなったお友達と離れるのは寂しそうでしたが、学校での勉強の進み具合がこれまでのどの学校よりも進んでいたらしく、Gはうれしそうでした。

数学に関しては、GはEPGYで6年生の3分の2を終えていることもあり、学校ではまだまだ物足りないものの、いろんな科目(サイエンスや、コンピューターラボなど)から受ける刺激もあるようです。

学年発表会では、アメリカ大統領をテーマにした劇の練習をしているそうで、自分の担当部分(独立宣言を歌にしたもの)をすぐ暗記し鼻歌でうれしそうに歌ってます。
かなり長いセリフなんですが、こういう時記憶力が良いと便利なんですね。私には1行覚えるのも大変!

先月、Gがぼそっと、悩みを打ち明けてきました。新しい学校でお友達が出来ないんだそうです。
お昼を食べてから、一人座って休み時間を待ってるとか。「みんな一緒に遊んでくれない」って言うんです。
先生との連絡帳(宿題フォルダーにある用紙)に、その旨書いてみました。

先生すぐ行動に移してくれ、Gに似た感じの生徒(やっぱりお友達が出来ないらしい、笑)と一緒に、共通の趣味がないか聞いたところ、チェッカーというゲームがお互い好きなことが判明。
みんなで図書館に行って、ゲームをしたそうです。以来、チェッカー仲間で、時々外で遊んだり、チェッカーしたり。

6ヶ月しか在籍してなかった前回の学校で、ベストフレンドと呼び合ってたインド人のA君が、この秋からGの学校に来ることになったんです(彼も空き待ちだっただそうで)。
それを伝えると、Gの担任の先生は、新学期のクラス替えにAくんとGが必ず同じクラスになるよう働きかけてくれると言ってくれました。やったね、G!

Gにはギフテッドの特性が強いからなのか、個人の性格なのか、よくわかりませんが、とにかく完璧主義&勝負には必ず勝ちたい性格。同じ年齢のお友達と話してると、どうやら、自分がいかにいろんなこと知ってるか、ゲームに強いか、を延々と語ってるようなんですよね(笑)。それじゃぁ、お友達だって逃げちゃう。
何度言ってもダメ。年齢的に脳の神経回路がそうさせるんでは、と思えるほどです。
本人には、相手が、それを聞いてどう思うか、いつも話してるんですが。。。
下の子たちと一緒に遊んでて、泣き出したりしたら、Gに相手の気持ちはどうか、を言い聞かせてるんだけどな〜。
自分が!、自分が!、なんですよね。。。
反面、周りの人への気遣いや洞察力はあるんですが、時々そのギャップに驚かされることがあります。

ああ、すみません。
愚痴になってしまいました。

子育ての大変さもあるけど、ギフテッドの子供(いや、Gに限ってかも、ですが)は凹凸部分が多々細かい部分でオーダーメードで対応しなければならず、時々その大変さに、一日の終わりにどどっと疲れが出ることもあります。

ストレスためちゃいけないと思って最近始めたことがあります。←だから、ブログ更新遅れてしまうんですね。。。すみません。??
最近、スポーツクラブに通い始めましたよ。そして家庭菜園。毎日早起きして、すくすく水と肥料だけで静かに育ってくれる(第2の)我が子たちに話しかけてます。。。かわいいです。

こんなに大きくなりましたよ〜!小さな苗が6週間ほどで、ミニトマトは1メートルを超えました。
あーちゃんパパさ〜ん!水やりしてみませんか〜?この夏おいしいトマト食べましょうよ〜♪??
e0297789_023782.jpg



みなさん、一緒にがんばりましょう〜!そして時々弱音をはいったっていいですよね(笑)。

長い文章読んでくださりありがとうございました!

いつも訪問ありがとうございます。^^
ブログランキングに参加しています。

下のバナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2013-05-24 23:37 | Gの特徴 | Comments(2)
応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

先日、あーちゃんママさんが書かれていた【燃えるギフテッドの脳】を読み、ずっと疑問だったことが解消されました。
また、でこぼこギフテッドのママさんのブログでもお話されていて勉強になりました。??
(上の赤い部分をクリックするとお二人のブログへ行けます)

なんてったって、Gは汗っかきなんです。それも頭だけ(笑)。
小さいときから頭はサウナに入った様に汗がいつもしたたっていて、小児科医にも相談したんです。
すると、笑顔で一言、『体質ですね。』ですって。(ええええ、それだけ〜!?!?)

写真は、今テレビゲームしててGがそれを見てたとき。横から写真撮ってみました。
頭からしたたってるのが汗です。←すみません、こんな写真お見せして。。。

e0297789_10534732.jpge0297789_1054737.jpg


















こんな汗を見ると、タオル渡してアラビアンローレンスになってもらいます。
(Gはアラビアンローレンス知らないですけど、笑)

ゲームを見てるだけで脳でエネルギー熱発生するなんて、それも身体は汗かいてないなんてとっても不思議です。
パパもそうなので汗っかきはきっと遺伝なんでしょうか。


一日一回クリックいただけたらうれしいです。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2013-04-20 11:09 | Gの特徴 | Comments(0)
子供が3歳でプリスクールに通っていた時、私はボランティアとして教室でお手伝いしていました。

おやつの時間にテーブルにスナックと、紙コップにジュースを各自ついであげました。

みんながそれを食べ始め、飲み物に手を伸ばしたら、Gが変な事をしていたんです。

未だジュースが少し残っている紙コップを、何度もくるっと回転(スピン)させ、それが倒れてジュースがこぼれたんです。

慌てて、『こぼれるからそんなことしないよ。』と言って床を掃除しました。

それを見ていたMiss. G。『Gくん、先日いっぱいジュースが入ってる時に回して、床中ジュースがこぼれちゃって。興味があるんでしょうね。』ニコッと言ってくれました。

ええええ〜。先生早く言ってくれれば、家でダメだって言い聞かせていたのに。
いつもMiss. Gの穏やかで、周りを包み込むやさしさには感謝してました。

その他、当時(今も!)Gはブロックで遊ぶとなるとただ単に上に積み重ねたり(動物作ったりはまずなかった)。
高く積み上げると、うれしそうに、私や夫に見せに持って来るんです。
それがよく落ちて、床が傷つきそうで私たちは正直イライラしてしてました。

そして車で遊ぶときは早く押し出す様に走らせるもので、壁にぶつからないか、こっちがヒヤヒヤしたり。
ボールなんか渡したときには、どうはねるか、と階段の上から落とし、あっちこっちボールが行き交うし(汗)。

することがどんどんエスカレートするし、何度言っても、また同じ事の繰り返し。

いろいろ考え、ネットで検索してみた時期がありました。そして、一番しっくりいく答えが見つかったんです。
重力とか、引力などの自然の法則に単に興味があって、いろいろ実験してたみたいです。
こうしたら、どうなるんだろう、という純粋な《知りたい、やってみたい》という気持ち。
紙コップも、どうやら、コップに入ったジュースの量と、スピンさせるときの様子の関連性をいろいろ試したかったようです。(言ってくれれば、家で実験させてあげたのに。。。でも3歳じゃまだ表現できませんよね〜)

それがわかって、イライラしていた気持ちがスーッと小さくなって行きました(なくならないけど、笑)。
やっていいけど、ここでね、とか、ルールを決めて、ね。

同じようなことが、みなさんのお家であったら、(わたしみたいに)どうか怒らないであげてくださいね(笑)。いろいろとやってみたいことの理由があるみたいです。??

今週は春休みで学校がお休みです。今日は子供たちと公園でも行こうかな、と思ってます。
みなさんも素晴らしい一日になりますように♪

応援クリックお願い致します。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2013-04-16 23:53 | Gの特徴 | Comments(2)

睡眠時間が2時間半!?

7歳のG、夜ベッドに行く時間は大体いつも9時あたり。本当は8時半にしたいんですが、いつもベッドで一人本を読んでます。

しかし、本当は何時に寝てるか、私は知らないんです。
Gの寝室は1階、台所で夕飯の後片付けなどしてると電気がついてるか、わからない。
私の寝室が2階なので、夜中Gが起きたとしてもわからないんです。

なので、いつもGがベッドに行く時に私が言う言葉は“あと本読むの15分ね。
そしたら電気消して寝てね。”その15分は、その日によって変わります。
早めにベッド行った日は30分になったり、です。

でも、ぜんぜん言う事聞いてないみたい(笑)。

私が10時くらい子供たちのお布団直しにそれぞれの部屋に行くと、大体Gは明かりを消さずに読んでいます。
図鑑や世界地図、宇宙の本だったり。図鑑は、なんでも。魚、鳥、むかしの生物、恐竜、あるの全て読んでます。

遅くまで本を読んではいけない、ってわかってるものの、夜ずっと起きてる=大人にあこがれるG。
【10時までは寝ない】とか、どうやら自分でルールを決めてるみたいなんです。

私は、10時くらいにGが起きてるの見つけたらその場で電気消して、寝なさい!と言ってます。
それでも、私が家の階に行ってしまえば、Gは好き勝手できてしまいます。

ある日、やさしい声で聞いてみたんです。いつも何時くらいに寝てるのか、って。
そしたら普通は、9時半くらいだそうです。←うそでしょ〜。
でも、2時間半しか寝ないときもあったそうなんです(驚)!

だからか〜。
ある日、朝ぜ〜んぜん起きなくって。遅刻するかと思ったり。
e0297789_049135.jpg


時間になったら、電気が消えちゃうランプってないのかな(笑)。
赤ちゃんから3歳くらいまでは、(うちの子たちの中でも)一番寝てる子だったのに。。。

クリックでのご声援いつもありがとうございます♪
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by giftedkid | 2013-04-08 00:48 | Gの特徴 | Comments(10)

宇宙なら描くの大好き

先日、アングリーバードの絵、というより《お口あんぐり?》バードといった方がいいような絵、ご紹介しました。
大好きなキャラでゲームも大ファン。いつも見てるのに、なぜか現物とほど遠くなってしまいましたね。
見ていると、気持ちがほんわか、するようで、Gしか作れない世界を感じてます。??

今朝、『おばあちゃんに、絵でも描いて送ってあげる?』と提案したら、快く描き始めました。
5分ともかからず、出来上がった絵です。

e0297789_8163347.jpg


脇目もそらさず、一気に描き終えた絵。
聞くと、太陽からの惑星の名前とその距離なんですと。
左からはじまって、下の段にも続くとか。細かいものがいっぱい書いてあって読めませんでした(笑)。
現地校でクラスのお友達が筆記体の書き方知ってるそうで、最近真似して書くんですよね。
ちゃんと教えた方がいいかなぁ。

これなに?と質問すると、延々と『何の惑星で、どこどこにあって、』と説明しつづけてくれます。

改めてGが宇宙大好きだと感じました。??


でも、これ、おばあちゃんが絵を受け取ったら、一体なに!?と思うでしょうね。
それこそ、お口あんぐりしちゃう(笑)。

ご声援いつもありがとうございます♪ポチッとよろしくどうぞ!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2013-03-15 08:22 | Gの特徴 | Comments(4)

Highly ギフテッドの子を持つ親のつぶやきです


by Giftedkid