カテゴリ:教育( 14 )

のんびりと過ごした夏休み。
時間を使って、色々なものを読んで、みて、考える良い機会だと思いました。

そして、素晴らしいタイミングで、素晴らしい(タイトルにある)番組を発見。


親子並んで座り、一緒にみて、考え、途中、私が言葉の説明をしながら、そして番組を見終えた後、子供達の意見も聞きました。どう思ったか、今の自分たちはどうか、何ができるか、どうしたらいいか。

番組途中、見るのが辛くなるような場面もあるかと思います。
7歳の下の子は、途中で「怖いからいやだ」と退席。上の子たち(11歳のGと、10歳)二人は最後まで、冷静に身終えられたので、高学年から中学生向けかな、と思います。

これからの社会を作っていくのは、今の子どもたち。
小さい時からの教育がどうであるか、がやはり大切なのだと痛感しました。
勇気を持って、伝えるべきことを伝える教育者の方々。
私が小学生の時にも、そういった素晴らしい先生方と巡り会え、今も本当に感謝しています。

制作部の方々、こうした番組を作るのは、色んな意見があるこの世の中で大変だったと思います。そんな中、こういう素晴らしい番組を作り上げられたことは、平和への世界への大きな一歩です。しっかりとメッセージを受け止め、個々ができることは小さいかもしれませんが、「一人一人ができること」を考えながら、子どもたちにも接していきたいです。

これをきっかけに、地理や、経済、世界情勢、自分の国(住む国も含め)についてを初め、子供達も興味を持ち始めました。

応援クリックしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2017-08-19 02:42 | 教育 | Comments(2)
間もなく5歳になる3番目の子が、プリスクールに行っています。
秋から場所も変わって、新しい先生方に出会い、だいぶ環境にも慣れて来た様です。
先生は3人いて、みなさん50代ぐらいで子育てが終わった方々。

クラスの児童は10人、とと〜っても少なくって、先生一人が3、4人を見てくれる、ほぼセミプライベート状態(笑)。
どうして少ないのか、少し不安になりましたが、子供に積極的に接してくれるし、その様子を見ていたらすごく安心できました。時間もあったので、先生方といろいろ話しもできました。

お子さん達は既に成人し、いろんな職業について、先生の余生に(子供と接する)仕事を選ばれた、というところ(価値観?)に共鳴できて、私も心がほぐれて、いろいろ質問していまいました。

(ぜんぜん関係ないけれど)「一番上に4年生になる子供がいて(G)実は。。。」と。
子育てのプロに、一意見として訪ねてみたかったんです、「あなただったらどうしますか?」と。
(ギフテッド、という言葉は使いませんでしたが、数学の進み具合(8年生)と興味の分野などを言うとすぐ理解してくれました)

自分の子供が特別だ、と言いたい親(モンスターペアレンツ?)と思われたらどうしよう、という不安もあったけど、とても大らかに、ちゃんと聞いてくれました。
そして、先生が言ってくれたのは、

「そうですね、今のGくんの年齢だったら、いろんなところに旅に行ったり、ボーイスカウトやチームワークが必要なスポーツをさせるかなと思います。」とのことでした。

あと、先生も、お子さんがちょうど子育てで難しい時期に、いろんな情報、意見交換ができる女性のサポートグループに所属し、いろいろ相談して、新鮮な意見をもらってたのが助かった、と言っていました。ただ、もうそれはなくなってしまったので、紹介できなくてごめんなさい、と。

お友達や、子供同士が同じ年齢というママ友に相談するより、いい、という意見は私も同じでした。
利害関係を避け、子供同士、思ってなくても比べてしまうことがないように、と。

ちなみに、先生のお子さん方は今どうされているんですか?と聞いてみました。

3人いらして、上のお二人は医師、3人目のお子さんは弁護士ですって。ひょぇぇ〜!
他の先生も話しに加わってくれ、みなさん子供がお医者さん。。。どうしてそんなに多いんでしょうか。。。

ちなみに最近のGの将来の夢は、地理の教授か、NASAで働きたいそうです。。。(←いろいろ、変わる(汗))

《いろいろなところに行って、体験、体感して興味を広げつつ、人との交流を深めて人間関係を築く能力の土台をつくる方法をまなぶ》
これが、いつか大人になってから役立つはず、というメッセージ。

大切にしながら、今後に活かしていきたいと思います!

先生、ありがとうございました。??

バナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by Giftedkid | 2014-09-08 00:38 | 教育 | Comments(4)
東京大先端科学技術研究センターと日本財団が、突出した才能を持ちながら学校になじめない小中学生を支援し、社会をリードする人材に育て上げる「異才発掘プロジェクト」を始動させるというニュースを読みました。全国から約10人を公募で選び、一流の講師による授業を行う初の試みだそうです(この他,応募者からオンラインのみ参加可能な生徒も100名程度選抜)。

 カリキュラムは月1、2回ずつ、同センターの教授や、芸術、スポーツなど各界のトップランナーによる授業、農業や工作などの実習もあるとか。

 年内にもスタートし、5年間の計画だそうですのでご興味のある方はぜひ!
日本在住の方を対象としているようで、うちは該当せず申し込みすら出来ないのでとても残念です(涙)。

 参加受け付けは9月1~7日。原則小学3年~中学3年が対象。書類と面接で選抜。授業料などは無料。

詳しくは以下(文字&写真)を直接クリック&ご覧ください!
「異才発掘プロジェクト」

e0297789_2333414.png

取り急ぎご案内まで!

下のバナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by Giftedkid | 2014-09-01 02:36 | 教育 | Comments(2)
実は2週間前に私一人だけ、急用があり日本へ里帰りしていました。

ふと立ち寄った、東急ハンズで宇宙や天体に関連するグッズを見つけました。

宇宙食とか、宇宙のことがたくさん書かれてる下敷きとか。いくつかGのおみやげにしました。
天文宇宙検定というのがあるんですね。手始めに3級買ってみました。これは、すごくよろこびそう!(誕生日プレゼント用にとってあります)
e0297789_3573136.jpg

e0297789_405566.jpg

野口宇宙飛行士のインタビュー音声が流れていて、聞き入ってしまったのですが(笑)、なんと5歳のときに宇宙飛行士になりたい、という夢をお持ちだったとか。夢がかなって素晴らしいなぁ、と鳥肌がたつほどうれしくなりました。??

大きなポスターを見つけました(下の写真は小さいですが、笑)。
何と、幕張メッセで宇宙博が行われているそうです(赤い部分クリックすると直接ウェブサイトへ)。

私も子どもたちと一緒に里帰りしていたら、必ず訪れていたでしょう。今回一緒でなかったので、残念です。
9月23日までなので、ぜひご興味あるお子さんがいらしたらぜひ!
e0297789_3543172.jpg

また、もし、行かれた方がいらっしゃいましたらいかがでしたか?伺えたらうれしいです。??

下のバナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2014-08-11 04:05 | 教育 | Comments(2)

学区の考え方

学区が良いと言われている地域に引っ越ししてから、早2年近くが経ちました。小学2年生になってすぐ、のことでした。

以前の公立チャータースクールに比べて、こちらの公立の小学校では意外なほど、何らGへの個人的な対応はありませんでした。
担任の先生を通じて、校長先生と話し合いたい旨、伝えましたが、恐らくこれは学校の方針なんでしょう、クラスで対応します、とのこと。飛び級はない、との学区の方針なので、これを変えられる可能性は訴訟をちらつかせる、などかなり強気な態度でない限り、難しいと感じました。

今、Gが毎週通うMath Olympiadsクラス(数学コンテスト準備クラス)で、先日あるイベントがあり、いろいろな学年の親御さんと話す機会がありました。数学が好きなお子さんを持つだけあってか、学校へ飛び級などの希望をした、子供さんに合った学校が探せた、などいろいろためになる話しが聞け、大変参考になりました。こうしたネットワークは、自分一人で情報収集をするより、思わぬ収穫もあり、大切だなぁと実感。経験した方々の意見が聞けるのは貴重です。

わかったのは、学区自体の方針として、個々での対応はなく、希望者は学区が用意したいくつかの公立学校から、子供に合った学校を選んでくれ、ということ。希望者が多い場合は抽選なので、入れない可能性も多々ありますが。これらの学校は個性が強く、アカデミック色が強かったり、実践体験型の学校だったり(遠足も多く、親のボランティアも強制)。勉強の進み具合も、アメリカ全土の平均より、1、2年進んでいるようです。

実は、このうちの一つの学校に去年そして今年と申し込みましたが、やはり人気が高いだけあって抽選にもれてしまいました。幼稚園から入るならともかく、学年途中からだと、引っ越しで学校をやめる生徒がいない限り難しいですよね。

学区が良いから、子供にも良いだろう、と思って引っ越ししてきましたが、まさか校長が個人面談すらしてくれないとは思いもよりませんでした。Gにとって良かったのは、周りのお友達が勉強好き(あるいは勉強する環境が整っている)なため、いじめの話しも聞きませんし、話題としてはかみ合う所が多いようです。

あとは、学校以外で、いろいろな分野の塾やクラスがあること。
Math Olympiadsクラスがあったのは本当に幸いでした。Gを見ていると、学校での簡単な勉強からの逃げ場になっているようにも感じられます。
ピアノも、ありがたいことに素晴らしい先生に出会え、4ヶ月前から個人宅でプライベートレッスンでお世話になっています。有名なオーケストラでピアニストとして活躍された初老の先生で、やさしく根気よくGに接してくださいます。
手の動きが不器用だったのが、先生の《音色をつくろう》の言葉でだいぶ気をつけるようになったみたいです。
先生の勧めで、生のピアノも買ってしまいました(笑)。
きれいな音を作れることの心地よさがわかるようになるといいな〜。

長くなりましたので、今日はこの辺で。
下の写真は、先日行った水族館で。何だと思いますか?
答えは下のコメントをご覧ください(笑)。

それではみなさま、ごきげんよう。

応援クリックを宜しくお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
e0297789_645891.jpg

[PR]
by Giftedkid | 2014-08-06 06:09 | 教育 | Comments(1)
ご無沙汰しています!みなさんお元気ですか?

昨日から、コンピューター言語(CODING)が簡単にオンラインで学べる(無料)、とKhan Academyからメールがあり、早速Gがヤル気で臨みました。

子供たちの大好きなキャラクター、アングリーバードやゾンビが盛りだくさん、1時間のクラスらしいのですが、Gは30分で終わらせ、次教わりたいと興味を持ったみたいです。
小学校3年生からが対象、とありましたが、1年生の娘も出来ていたようなので、小さいお子さんでもお母さんがついていれば大丈夫かな、と思います。
Facebook創設者やビルゲイツはじめ、IT業界で有名な方々も加わって、子供にわかりやすく説明してくれています。見ていて私もニッコリしました。??

ぜひ、この機会におすすめです!その他ゲームアプリも作れるようなレッスンもあるようです。

e0297789_9581882.jpg


いつも訪問ありがとうございます。^^
ブログランキングに参加しています。


下のバナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2013-12-11 10:00 | 教育 | Comments(0)
おとといの夜、先生にメールを送りました。

きっかけは:

1)Back to School Nightでもらった資料の中にアンケートがありました。“コメント、不安なこと、伝えたいことなんでも結構です”という自由に書ける1枚の用紙でした。それを提出するのが昨日の金曜日まででした。

2)Gが最近つぶやきが増えたこと。算数のクラスのことで“どうして、もう知ってることを知らないふりしてなきゃいけないの?”“もっと難しいこと勉強したい”と。

3)去年こちらに引っ越しし、暫定的に行った学校から、また今のホームスクール移ってから半年がたち、そろそろ落ち着けてGの勉強計画を立てたい。

4)新学期の学校での算数のテストが100%だった。

5)担任の先生が妊娠中で、来年はじめに出産予定。何か事をはじめるなら早いうちが良いかなと思った。

6)学校での動きは、時間がかかるので、早めに動きたい。
Gがキンダーのとき、スタディーチームを校長先生が立ち上げてくれた際、いろんな人が仲介してたため結局実行に移すまで数ヶ月かかった記憶があります。例:プルアウトプログラム(他の学年クラスに、数学クラスに移動、コンピュータープログラムの導入など)。

7)これまでの経験から、新しい環境のうちにお願いしておいた方が周りは動いてくれやすい。

これらの要素が、すべて合致したこともあり、良い機会だと思いました。

私がメールの文章を考え、夫に見せながら二人で書き上げました。
海外生活は15年とはいえ、私はやはり日本人だと感じるときです。読んでから、夫はぽつり、といつも言うんです。“これ読んで先生に、どうしてもらいたいわけ?”と(笑)。

そこから、案の練り直し。

結果、はじめの3行で、新学期がはじまり気づかれ始めてるかと思いますがGは数学理解度が高くHighly Giftedと診断されていおりGの数学レベルを上の学年にぜひ上げて欲しい、学校でどういったオプションが考えられるか、そのための打ち合わせを行いたいの2点書きました。
過去のGの話として、文末に情報として書きます、と1枚半にわたって書きました。

ポイントは:
1)Gが今のクラスになって大変喜んでいる点&勉強に対し情熱的な部分
2)Gの性格(他のお子さんと異なり、先生が知っておくとお互いコミュニケーションがスムースになる部分)
3)過去の学校とのやりとりと、診断してもらったときの数値による結果
4)Gが学校での勉強に対し、一生懸命勉強をすれば、自分のレベルに先生が合わせてくれると信じて頑張っている。しかし、最近ヤル気を失い始めている兆候を見せ始めたこと(つまらない、と言い出した)。

書く上で気をつけたこと:
•ポジティブな言い方で感情は入れず、事実関係を簡潔に。
•してほしいことをWeではじめ、Gのことはあくまでも彼が主語で書きました(親の感情をいれないよう)。
•特に、以前の学校でスタディグループを作り、いろいろなプログラムを用意してくれたこと、など具体的に書きました。先生が読んで、そういったことがあったんだ、それではうちの学校で何ができるか、の指標になるかと思いました。
•手紙ではなく、メールで。利点は、他の人に読まれない。先生が必要であれば、校長先生などに転送も可。連絡伝達に時間がかからない、など。

翌日、Gが学校から帰って来て、の一言。
“先生からボクに話があったよ。僕のために、来週から算数もっと難しいことができるよう、パッケージを用意してくれるんだって。”と。

すぐに行動に移してくれたみたいです。(ホッ)

先生からのお返事はいつか、いただけると思うので、またそのときにご報告しますね。
先生なりのお考えで何か進めていただけるようなので、とても安心しました。

2年の最後にお世話になった先生は。。。。お願いしても○○(イベント)が終わったらしましょう、と言っても何もしていただけなかったんです(涙)。学年末で忙しかったし、もう夏休み前だったので仕方ないという思いはありましたが。。。
学校が終わると、すぐ車に乗って帰ってしまう光景もあったので期待はしませんでした。数ヶ月の辛抱だと思って。。。

先生にもいろいろです。
私も、親として出来るだけのことをしたい、と思い、今回ボランティアの希望も出し、ブッククラブで本もたくさん買いました(笑)。購入すると、クラスにも無料で本がプレゼントされるそうです。

長くなりましたが、何らかご参考になれば幸いです。

みなさんも、学校とのコミュニケーションで気をつけてらっしゃることや、これまでのご経験談などありましたら、ぜひ教えてくださいね♪

いつも訪問ありがとうございます。^^
ブログランキングに参加しています。


下のバナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2013-09-08 01:04 | 教育 | Comments(2)
先日、表記クラスについてGが興味を持ち、説明会に行った旨、書きました(まだの方はコチラをクリックしてくださいね)。

3年生Honored Classといって、小学三年生特待生クラスとでも言いましょうか。算数に優れたお子さん向けクラスで今回新設されました。

クラス受講するには、テスト受験が必要です。

1時間で15問の質問に答え、先生が添削をし、クラスを受ける権利があるかどうか、が決められます。
15問の設問の内訳は、以下の項目から3問ずつ。
○やさしいレベル(設問1から3まで)
○中くらいに難しいレベル(4から6)
○アドバンスレベル(7から9)
○難解(不可能)レベル(10から12)
○7〜8年生レベル(13から15)

先生曰く、3年生だと3問答えられれば良いほう、という内容だそうです。

24人のクラスに、40人近くの参加。親やおじいちゃん、おばあちゃん含め、すごい人数でごった返し(笑)。試験が終わるまで、家族は別室で待ちました。周りを見ると70%ほどインド人、25%は中国、韓国の方というような感じでした。

受験したお子さんが、待合室に戻ってから、先生が添削。その場で合格、不合格がわかります。

ほとんどのお子さんが、2問あるいは稀に3問正解でした(正解ゼロ、というお子さんも結構いました)。

Gのテスト用紙の添削が終わると、先生はGを呼びました。
「ちょっと個人的に話がしたいので、一緒に外に出てくれますか?」
(何だか悪い予感•••)

私の困った表情を見てか、先生は良いお話ですよ、と言ってくれホッ。??

先生、Gと私(下の子2人も一緒、笑)で5分ほど話をしました。
まず、先生からGに設問を3つほど挙げ、「これはどうやって答えを出したのかな。」と聞きました。
Gは、首をかしげて「頭の中で答えを出しました。」と言いました。
(私には何のことか、さっぱり(汗)。)
先生はなるほど。。。と言いました。

先生はなぜGが数学が良く出来るのか、聞いて来たので、私は、Gが算数好きでEPGYの6年生終わりのレベルにいることを伝えました。先生は納得された様子でした。

すると、先生から以下話しが。
•今回、通常3問正解ならかなり出来ているレベルなのに、Gくんは6問出来ていた。上の学年のクラスに繰り上げたい。
•計算能力が高く、書かずに(頭の中で)答えが出るのは良いことだけれども、回答までのプロセスを書く習慣をつけるために今年はこのまま3年生Honored Classに入って欲しい。
•レベル的には簡単すぎると思うけれど、Gくんはそれでも良いのだろうか。

Gは、ぜひやってみたい、というのでこれから申し込み手続きをする方向です。
1年間コミットメントしなければならず、途中でやめられません(受講料は1年分支払い)。
授業は75分、小学3年生にはかなり集中力も必要です。←他からの刺激に感化されやすいGは特に(笑)。

本人が情熱持っている様子なので、親としてぜひバックアップしてあげたいと思います。

帰宅してから、その問題とやらを見てみました。
すると、自分で計算過程を書いてないほうが正解だったみたいです。明らかに頭の中で処理してるのがわかります(書いていると、答えが間違ってる!?)。
夫曰く、普段気をつけてることを思い出していれば、あと3問ほど出来てたのに残念ですと。。。(7才の子にちょっとそれは期待しすぎなんでは、と私は思ったり。。。)
e0297789_915985.jpg
e0297789_962846.jpg
e0297789_911514.jpg
e0297789_916381.jpg

1年生のとき、先生から幾度と、言われたことがあります。
「計算処理能力が早く、そのため頭の中ですぐ解いてしまうのは良いのですが、間違ってしまった時に、どこに問題があったのか、が後になって見極め、復習出来ません。文字にして計算過程を書くことは難しいかもしれないけれど、これから難しい数学を学ぶとなると、それが出来るようになる(=証明するため)練習をしておく必要があります。」

その先生は4年生の練習ワークを宿題に出してくれ、その点に気をつけていつも練習をしていたのに。。。まさか、Gは頭で考えた答えだけを書いていたとは。。。(それも簡単な1と2の設問間違ってるし(汗))。

ギフテッド教育のバイブル本にも正にこの部分に対する表記がありました。

自分でわかってしまったことを、わざわざ言葉にして書くことはギフテッドの子供にとっては苦痛である、と。わかってしまったことは、わかってしまったこと。それを一々書くことはつらいんでしょうね。
それでも、今後を思うと先生方のおっしゃる通り、その練習は続けて行かねばなりません。

明日の道は今つくっているんだ、と信じて。??

何はともあれ、Gの念願のMath Olympiad対策クラス、受講できることになって親子共々喜んでいます!
送り迎えにまたまた忙しくなりますが、がんばります。

よく考えると、英語はGにとって第二外国語なんですよね。それを思えばよく頑張った、と思います。夜寝る前に、もう一度「学校終わって疲れてたのによく一生懸命頑張ったね。えらいよ!」といっぱいハグしてあげました。??

いつも訪問ありがとうございます。^^
ブログランキングに参加しています。


下のバナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2013-09-05 09:36 | 教育 | Comments(8)
去年学区の良い地域に引っ越ししてからの利点として、よく感じることは、自宅近くで習える多様な学習プログラムの選択の余地が広がったこと。

楽器、語学、学校のカリキュラム学習内容の補強、スポーツ全般、またはパブリックスピーチ力の強化、にまで及ぶ程、種類が豊富です。

その中で、気になったのが、Math Olympiad対策クラス。
秋から3年生になる生徒対象クラスが新設され、Gにどうかなと説明会に行ってきました。
2時間かかって、いろんな話を聞いてすっかりその気になってしまいました(笑)。

4年生からMath Olympiadの参加資格があり、3年生用クラスはそれに向けての準備クラス。
優秀な生徒のみを選抜したいという先生の思いがあるそうで、クラス初日に選抜試験があります。

体験クラスがゆうべあったので、昨日Gはパパと参加してきました(これまた2時間!)。
Gは難しい問題があったと目を輝かせ、ぜひ授業参加に申し込みしたいと言ってきました。

4年生以上はHonored Class(普段の授業で90%以上優秀な成績を収めた生徒のみ)もあり、親御さんからの質問は、このクラスに向けてのものばかりでした。??
これは、既に授業を受けていて先生からの推薦がなければ、申し込みができないそうです。
みなさん、お子さんの教育への真剣な姿を目の当たりにし、とても驚きました。
(ほぼ全員インド人&中国、韓国人のようでした〜!)

Gは今度3年生になりますが、EPGYでは6年生を終えるところです。
もし、このMath Olympiad対策準備3年生クラスに入れたとしても、簡単すぎるのではという思いもあります。上のクラスに変えてくれるような配慮を先生がしてくれるのか。先生に聞いたら、初回のクラス分けテストで考慮します、ということでしたが、今後少し気になるところです。

Gの母国語は英語でないし、3年生クラスとしてもいろんな問題にとりかかれ、得られるものがたくさんあるようなので(TA(Teaching Assistant):先生のアシスタント制度←優秀な生徒は先生のアシスタントになれる可能性あり)、やらせてみようと思っています。

送り迎え大変だけど、ママがんばるよっ。G!??

このMath Olympiadコンテストは、12月から4月まで毎月コンテストがあり、オンラインで出来るようです。
これについても、これからいろいろ調べねば。。。

いつも訪問ありがとうございます。^^
ブログランキングに参加しています。


下のバナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2013-08-01 08:59 | 教育 | Comments(0)
夏休みに入ってから2週間。
やっと夏休みモードでゆっくり出来るかな、と思っていたのですが、今度はサマーキャンプが始まり、子供たち3人の送り迎え+宿題などに追われ、更新に時間がかかっています。

先ほど、“ギフテッドのお子さんにふさわしい学校のリスト(英語)”というのを見つけました。
今通っている学校を変えたいと思われている親御さんたちにとって、お子さんをどういった学校に通わせるか、またホームスクールにするか、それは大きな決断かと思います。
何かのきっかけ、ご参考になるかもしれないと思い、ご紹介しますね。

Schools for the Gifted Child

私たちも、以前転校を考えていた際、4校見つけ夫婦で説明会やオープンハウスを訪れました。
結局は子供のニーズにどれくらい柔軟に対応してくれるか。これが一番大きい疑問でした。
子供が行ってみないと、実際どうなるかはわかりません。
大きなリスクですよね。うちには、下にも2人いるものですから、その点慎重に考えました(特に経済面、笑)。

最終的に、今私たちが決めたのは、学習レベルの高い公立校で、エンリッチメント部分(Gの学習レベル相当の勉強)を自宅学習とさせています(ほとんどやってない、くらい最近は遠ざかってしまってますが)。本人のやりたいときに、させる感じです。
ほっておいても、知的ニーズを満たしたいと思ったときに、振ってわいたように○○が勉強したい、コンピューター使うよ、と机に向かっているので、まずは良しとしています。

もっと、本当は1日のスケジュールを決めて、親が率先して勉強させてあげたいんですけど私の時間がとれるようになったら、と思っています。

このサイト、Hoagie's Gifted Educationは、ギフテッドについての多方面な情報満載で大変役立つサイトです。お時間があったらぜひ、他のページものぞいてみてくださいね。??

いつも訪問ありがとうございます。^^
ブログランキングに参加しています。

下のバナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2013-06-28 03:40 | 教育 | Comments(2)

Highly ギフテッドの子を持つ親のつぶやきです


by Giftedkid