<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

気になった本のご紹介

久しぶりに時間が出来たので、本屋にワークブック&図鑑などなど見てきました。

気になった本をご紹介します。あまり時間がなかったので(ワークブック見に行くのが目的だったので)、ちょっとのぞいただけなんですが《これはすごい!》と思った本に限定してます(笑)。
写真をクリックするとアマゾンHPにつながりますので、詳しいレビューなどぜひご参考になさってくださいね。どれも良いレビューみたいです。
うちの近くの図書館には未だ置いてないので、自分で購入しなくては(笑)。

みなさんも、本屋さんに行かれることがあったらぜひ手にとって見てくださいね♪
どちらの本も小学生高学年から対象のようですが、どれも映像が素晴らしいので低学年のお子さんも見て楽しめるんじゃないかな、と思います。

1)Smithsonian History Year by Year
年ごとに世界で何が起きたか、一覧でわかる歴史の本。さすがスミソニアン、かなり掘り下げて書かれていて、具体的な数値でG気に入ること間違いなし(笑)。
e0297789_9321964.jpg

2)Smithsonian Geography
地理学を学ぶのに必要なことが全て、図解入りでわかりやすく書かれている様に見受けました。こちらもスミソニアン♪
e0297789_9324728.jpg

3)ナショナルジェオグラフィック社が、アングリーバードと提携して本を出していたとは。
(私が見たのは)持ち運びに便利な小雑誌タイプ。中を見ると、ゲーム好きな子供の好奇心をくすぐる、すばらしいアプローチで宇宙を紹介♪宇宙に興味を持つきっかけにはなるかもしれませんね。
いろんなシリーズが出ています。
e0297789_933896.jpg

4)Where On Earth
いろんな面白い視点からのぞいた地理学3D本とでも言いましょうか。興味をそそる内容です。
e0297789_933285.jpg


Gのお友達の誕生会があるとき、これまでおもちゃをあげていたんですが、ここ1年前からこうした本をプレゼントするようになりました。すごく評判が良いです。本から興味が広がったり、お父さんお母さんにもいろんな“へぇ〜(そうなんだ!)”の驚きがあるそうで(笑)。

そろそろ子供たちのクリスマスプレゼントのリストに入れておこうかなぁ、と思っています。

それから、最後に、こんなサイエンスキットなるものも発見!Thamos Cosmosという会社が作ってるんですね、知りませんでした。ちょっとしたお休みの日に親子で時間を費やすのもいいかもです♪
e0297789_9341123.jpg


本屋さんに行くとすぐ、時間が経ってしまいます。写真がぶれてて見づらくごめんなさい。??
みなさんもおすすめの本などありましたら、ぜひ参考にさせてくださいね♪

いつも訪問ありがとうございます。^^
ブログランキングに参加しています。


下のバナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2013-09-10 09:23 | | Comments(2)
おとといの夜、先生にメールを送りました。

きっかけは:

1)Back to School Nightでもらった資料の中にアンケートがありました。“コメント、不安なこと、伝えたいことなんでも結構です”という自由に書ける1枚の用紙でした。それを提出するのが昨日の金曜日まででした。

2)Gが最近つぶやきが増えたこと。算数のクラスのことで“どうして、もう知ってることを知らないふりしてなきゃいけないの?”“もっと難しいこと勉強したい”と。

3)去年こちらに引っ越しし、暫定的に行った学校から、また今のホームスクール移ってから半年がたち、そろそろ落ち着けてGの勉強計画を立てたい。

4)新学期の学校での算数のテストが100%だった。

5)担任の先生が妊娠中で、来年はじめに出産予定。何か事をはじめるなら早いうちが良いかなと思った。

6)学校での動きは、時間がかかるので、早めに動きたい。
Gがキンダーのとき、スタディーチームを校長先生が立ち上げてくれた際、いろんな人が仲介してたため結局実行に移すまで数ヶ月かかった記憶があります。例:プルアウトプログラム(他の学年クラスに、数学クラスに移動、コンピュータープログラムの導入など)。

7)これまでの経験から、新しい環境のうちにお願いしておいた方が周りは動いてくれやすい。

これらの要素が、すべて合致したこともあり、良い機会だと思いました。

私がメールの文章を考え、夫に見せながら二人で書き上げました。
海外生活は15年とはいえ、私はやはり日本人だと感じるときです。読んでから、夫はぽつり、といつも言うんです。“これ読んで先生に、どうしてもらいたいわけ?”と(笑)。

そこから、案の練り直し。

結果、はじめの3行で、新学期がはじまり気づかれ始めてるかと思いますがGは数学理解度が高くHighly Giftedと診断されていおりGの数学レベルを上の学年にぜひ上げて欲しい、学校でどういったオプションが考えられるか、そのための打ち合わせを行いたいの2点書きました。
過去のGの話として、文末に情報として書きます、と1枚半にわたって書きました。

ポイントは:
1)Gが今のクラスになって大変喜んでいる点&勉強に対し情熱的な部分
2)Gの性格(他のお子さんと異なり、先生が知っておくとお互いコミュニケーションがスムースになる部分)
3)過去の学校とのやりとりと、診断してもらったときの数値による結果
4)Gが学校での勉強に対し、一生懸命勉強をすれば、自分のレベルに先生が合わせてくれると信じて頑張っている。しかし、最近ヤル気を失い始めている兆候を見せ始めたこと(つまらない、と言い出した)。

書く上で気をつけたこと:
•ポジティブな言い方で感情は入れず、事実関係を簡潔に。
•してほしいことをWeではじめ、Gのことはあくまでも彼が主語で書きました(親の感情をいれないよう)。
•特に、以前の学校でスタディグループを作り、いろいろなプログラムを用意してくれたこと、など具体的に書きました。先生が読んで、そういったことがあったんだ、それではうちの学校で何ができるか、の指標になるかと思いました。
•手紙ではなく、メールで。利点は、他の人に読まれない。先生が必要であれば、校長先生などに転送も可。連絡伝達に時間がかからない、など。

翌日、Gが学校から帰って来て、の一言。
“先生からボクに話があったよ。僕のために、来週から算数もっと難しいことができるよう、パッケージを用意してくれるんだって。”と。

すぐに行動に移してくれたみたいです。(ホッ)

先生からのお返事はいつか、いただけると思うので、またそのときにご報告しますね。
先生なりのお考えで何か進めていただけるようなので、とても安心しました。

2年の最後にお世話になった先生は。。。。お願いしても○○(イベント)が終わったらしましょう、と言っても何もしていただけなかったんです(涙)。学年末で忙しかったし、もう夏休み前だったので仕方ないという思いはありましたが。。。
学校が終わると、すぐ車に乗って帰ってしまう光景もあったので期待はしませんでした。数ヶ月の辛抱だと思って。。。

先生にもいろいろです。
私も、親として出来るだけのことをしたい、と思い、今回ボランティアの希望も出し、ブッククラブで本もたくさん買いました(笑)。購入すると、クラスにも無料で本がプレゼントされるそうです。

長くなりましたが、何らかご参考になれば幸いです。

みなさんも、学校とのコミュニケーションで気をつけてらっしゃることや、これまでのご経験談などありましたら、ぜひ教えてくださいね♪

いつも訪問ありがとうございます。^^
ブログランキングに参加しています。


下のバナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2013-09-08 01:04 | 教育 | Comments(2)

子供の習い事:ピアノ編

Gは3才の終わり頃から地域のセンターで、週に一度ピアノを習っています。(もうすぐ8才なので、5年も習ってることになりますか)
1クラス6人のグループレッスンから始め、1年前に3人のセミプライベートに切り替えました。
日本人の先生がいいか、アメリカ人の先生による英語のレッスンにするか、当初迷いました。

Gの当時の年齢や特性を考えた上で、気軽に親も子も考えられる方法を結局選びました。??

義理の母は、当初からしっかり先生を選んで個人レッスンにした方がいいのでは?という意見でしたが(汗)。

いくつか、私が思ったことです。
•数学とピアノって何かの接点があるのか、Gには(今のところ)とても魅力的な様です。何らかの規則性、頭への刺激などなど何か、あるんでしょうか。。。言い換えてみれば、音のパズルみたいですよね。。。
•手先が器用でなく、ピアノ本来の技術習得には長い目が必要であったこと。おおらかな先生、あるいは、曲の完成度がそれほど高くなくても次に行けることがGには大切でした。
•うちはアメリカに永住予定なので、アメリカ式ピアノの音律を学んだ方が便利だった(日本はドレミファ、アメリカではドがCにあたり、続いてD(レ)E(ミ)F(ファ)です。
•料金が良心的。今はセミプライベートクラスをとっています。1クラス(45分)に3人います。ちまたでは、日本人の先生で30分35ドルから、が相場のようです。
•年に2度発表会もあり。多くの人の前で弾くこと&周りのお子さんのピアノを聴くことは、かなり刺激になってるみたいです。
•平日にたくさんクラスがあるので、将来新しい習い事をしても他の日が選べる。Math Olympiad対策クラスに行くにあたって、ピアノの日を動かしました。

私も幼少時にピアノを習っていたので(10年続いたでしょうか)、どうして辞めてしまったのかを考えながら、Gにはそうならないようにと気をつけています。

私のときは、技術力習得のために、先生がかなり厳しく、曲の進み具合も遅く練習曲ばかりでした。
今Gが習っているクラスは、いろんな音色の曲を楽しみながら習得できるような教本を使っていて(ジャズや映画の名曲、ラテンなどもあり)正直、当時の自分を考えるとうらやましいです。

Gが習い始めて、大変だったのは、とにかく頑固で、私が指摘してもガンとして聞かなかったこと(笑)。今となっては、笑い話ですが、当時お互い感情的になって、大変なときもありました。

最近は、努力すれば早く教本が終わることを知ってるので、自分からピアノに向かっている様です。
私も、Gのピアノが聞きたいな、ママより上手だからママじゃだめなのようね〜、とうまく手のひらで動かしながら、やはり少しでもピアノに触れるように仕向けています。
最近まで、20分ピアノしたらiPadしても良いというルールでしたが、本来のピアノの楽しみがわからなくなってしまうようなので(iPadへの興味に移ってしまい)、辞めました(笑)。努力すれば、次のレッスンで気分がいい、ということがちょっとずつわかってきたようです。

宿題じゃないのに、他の曲もよく練習しています。
先日は、新しい曲2つ宿題だったんですが、次の2曲も練習していたので、結果4曲オッケーもらったそうです。←これって、進み具合早すぎる〜と思いましたが(笑)。こちらの教室では、先生方かなり細かい部分気にしないんでしょうねぇ(汗)。

Gって不思議な子だなぁ、と思う部分があって、曲を(遊びで)1つ音上げてすべて弾いたりします。
例えばファから始まる曲だったら、ファの♯から始めたり(残りは全てそれに合わせて)。曲自体がまったく変わってしまうんですよね。
私は、そんなことしたことありません。。。??

あと、楽譜を見ないで弾いてしまう。絶対音感があるから、みたいなんですけど、やはりいろんな指示が書かれてますから、ね。楽譜見ながら弾く練習はしていく必要があるよと言っています。。??

いつも訪問ありがとうございます。^^
ブログランキングに参加しています。


下のバナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2013-09-06 05:15 | せいかつ | Comments(4)
先日、表記クラスについてGが興味を持ち、説明会に行った旨、書きました(まだの方はコチラをクリックしてくださいね)。

3年生Honored Classといって、小学三年生特待生クラスとでも言いましょうか。算数に優れたお子さん向けクラスで今回新設されました。

クラス受講するには、テスト受験が必要です。

1時間で15問の質問に答え、先生が添削をし、クラスを受ける権利があるかどうか、が決められます。
15問の設問の内訳は、以下の項目から3問ずつ。
○やさしいレベル(設問1から3まで)
○中くらいに難しいレベル(4から6)
○アドバンスレベル(7から9)
○難解(不可能)レベル(10から12)
○7〜8年生レベル(13から15)

先生曰く、3年生だと3問答えられれば良いほう、という内容だそうです。

24人のクラスに、40人近くの参加。親やおじいちゃん、おばあちゃん含め、すごい人数でごった返し(笑)。試験が終わるまで、家族は別室で待ちました。周りを見ると70%ほどインド人、25%は中国、韓国の方というような感じでした。

受験したお子さんが、待合室に戻ってから、先生が添削。その場で合格、不合格がわかります。

ほとんどのお子さんが、2問あるいは稀に3問正解でした(正解ゼロ、というお子さんも結構いました)。

Gのテスト用紙の添削が終わると、先生はGを呼びました。
「ちょっと個人的に話がしたいので、一緒に外に出てくれますか?」
(何だか悪い予感•••)

私の困った表情を見てか、先生は良いお話ですよ、と言ってくれホッ。??

先生、Gと私(下の子2人も一緒、笑)で5分ほど話をしました。
まず、先生からGに設問を3つほど挙げ、「これはどうやって答えを出したのかな。」と聞きました。
Gは、首をかしげて「頭の中で答えを出しました。」と言いました。
(私には何のことか、さっぱり(汗)。)
先生はなるほど。。。と言いました。

先生はなぜGが数学が良く出来るのか、聞いて来たので、私は、Gが算数好きでEPGYの6年生終わりのレベルにいることを伝えました。先生は納得された様子でした。

すると、先生から以下話しが。
•今回、通常3問正解ならかなり出来ているレベルなのに、Gくんは6問出来ていた。上の学年のクラスに繰り上げたい。
•計算能力が高く、書かずに(頭の中で)答えが出るのは良いことだけれども、回答までのプロセスを書く習慣をつけるために今年はこのまま3年生Honored Classに入って欲しい。
•レベル的には簡単すぎると思うけれど、Gくんはそれでも良いのだろうか。

Gは、ぜひやってみたい、というのでこれから申し込み手続きをする方向です。
1年間コミットメントしなければならず、途中でやめられません(受講料は1年分支払い)。
授業は75分、小学3年生にはかなり集中力も必要です。←他からの刺激に感化されやすいGは特に(笑)。

本人が情熱持っている様子なので、親としてぜひバックアップしてあげたいと思います。

帰宅してから、その問題とやらを見てみました。
すると、自分で計算過程を書いてないほうが正解だったみたいです。明らかに頭の中で処理してるのがわかります(書いていると、答えが間違ってる!?)。
夫曰く、普段気をつけてることを思い出していれば、あと3問ほど出来てたのに残念ですと。。。(7才の子にちょっとそれは期待しすぎなんでは、と私は思ったり。。。)
e0297789_915985.jpg
e0297789_962846.jpg
e0297789_911514.jpg
e0297789_916381.jpg

1年生のとき、先生から幾度と、言われたことがあります。
「計算処理能力が早く、そのため頭の中ですぐ解いてしまうのは良いのですが、間違ってしまった時に、どこに問題があったのか、が後になって見極め、復習出来ません。文字にして計算過程を書くことは難しいかもしれないけれど、これから難しい数学を学ぶとなると、それが出来るようになる(=証明するため)練習をしておく必要があります。」

その先生は4年生の練習ワークを宿題に出してくれ、その点に気をつけていつも練習をしていたのに。。。まさか、Gは頭で考えた答えだけを書いていたとは。。。(それも簡単な1と2の設問間違ってるし(汗))。

ギフテッド教育のバイブル本にも正にこの部分に対する表記がありました。

自分でわかってしまったことを、わざわざ言葉にして書くことはギフテッドの子供にとっては苦痛である、と。わかってしまったことは、わかってしまったこと。それを一々書くことはつらいんでしょうね。
それでも、今後を思うと先生方のおっしゃる通り、その練習は続けて行かねばなりません。

明日の道は今つくっているんだ、と信じて。??

何はともあれ、Gの念願のMath Olympiad対策クラス、受講できることになって親子共々喜んでいます!
送り迎えにまたまた忙しくなりますが、がんばります。

よく考えると、英語はGにとって第二外国語なんですよね。それを思えばよく頑張った、と思います。夜寝る前に、もう一度「学校終わって疲れてたのによく一生懸命頑張ったね。えらいよ!」といっぱいハグしてあげました。??

いつも訪問ありがとうございます。^^
ブログランキングに参加しています。


下のバナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2013-09-05 09:36 | 教育 | Comments(8)
7才半のGは、これまでお弁当箱が開けられず、食べて来なかったりしたことがあります。
また、おやつの袋が開けられずそのまま持ち帰って来たりも。

Gの妹(6才)だったら、大声で先生に助けを求めるところなんですけど、Gはどうやら手伝ってもらうことが恥ずかしい(=自分が”できない”ことを周りに知られたくない)みたいで自分に秘めてしまうようなんです。??

ちょこっとしたことなんですが朝、お弁当を持たせるときに気をつけてること、今日はお話しします。

まずは、おにぎり。
アルミホイルで包むと、開く場所がよくわからないようなので、端っこを折り返して、ちょっと色が違うのがわかるようにしてます。
また、開くだけで大丈夫なよう、簡単な包装です。
e0297789_930440.jpg

そして、アップルソースの類いは最近になってようやく一人で食べられるようになりました。
(今まではパウチタイプのもの持たせていました。フタが開けやすい様、一度私が開けて、軽く閉めておきます)

写真のようなタイプは、上のシールをはがすのが難しいみたいです。そしてこぼさないようにスプーンを使うこと。周りにお友達がいて話しながら、同時に食べることが結構大変なんじゃないかな、と想像してます(汗)。
最初のうちは、よく手つかずで持って帰って来てました。
食べたとしても、その容器をそのままお弁当箱に入れて帰ってくることが多々あり。
ソースがついてて、洗濯しなければならず、ちょっと困ります。Gには、捨てて来て、と言ってるんですが、お友達といると、そういうこと忘れちゃうみたいです(笑)。
e0297789_5553242.jpg

バナナを一本、おやつに入れると、3回に2度はそのまま持って帰ってきます。
皮がむきやすいよう、切れ込みを入れてはいるんですが、やはり両手で皮をむいて食べるのが難しいのかな。食べると、皮がそのままお弁当箱に残っていることも(涙)。
ゴミ箱に捨てなきゃって、どうして思ってくれないワケ〜!?

新しいお弁当箱や水筒を入れる時は、事前に開け方を見せて一緒に練習したりし慣れてもらいます。やっぱりダメ、というときは、古いもので対応しています。

みなさんは、お弁当づくりに工夫されていることありますか???

学校のカフェテリアで、注文して食べるシステムは、Gにとっては複雑らしく、あと1年くらいして挑戦してみたいそうです。そうしてくれると、朝わたしはとっても楽になります〜♪その日が楽しみ!

いつも訪問ありがとうございます。^^
ブログランキングに参加しています。


下のバナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2013-09-05 06:08 | せいかつ | Comments(12)
前回、テレビ番組『137億年の物語』をアメリカでも放映いただけないかという要望をTVジャパンにメールで送りましたこと、書きました。

すると、すぐ回答を頂きました♪
TVジャパンさん、迅速に回答ありがとうございました!
内容は以下のとおりです。

*****************************

この度は弊社にお問い合わせ下さり、誠にありがとうございます。

お問い合わせ頂きました『137億年の物語』の放送予定について、
弊社の放送部に確認を取りましたところ、現時点では放送予定は
組まれていないとのことです。

お客様から頂いたコメントは、担当部に放送リクエストとして提出し、
今後の番組編成の上で参考にさせて頂きます。

この件で何か質問等ございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせ下さい。

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

テレビジャパン・カスタマーサービス

*********************************

さきほど、実は半年くらい前にも同じ内容の要望メールを送っていたことをメール履歴ボックスから発見しました。
私ったら、気づかずにしつこく書いてしまったということですね(笑)。
記憶があやふやで、大変お恥ずかしい。。。

回答内容からして、たくさんの要望があれば、恐らく放映への道が近づくように見受けました。

海外在住、TVジャパンご加入で番組にご興味おありの方々、ぜひメールで要望されてみませんか???
番組編成についてのご意見、ご要望←クリックするとサイトにつながります

文中、「お客様から頂いたコメントは、担当部に放送リクエストとして提出し、
今後の番組編成の上で参考にさせて頂きます。」
ということは、リクエストが多ければ、参考から、検討、に変わって行くんでしょうか、ね。

一人の声では、何も変わらないかもしれませんが。。。(でも、番組が見たい〜 笑)

アメリカではこの週末は3連休になります。みなさま楽しい週末をお過ごしくださいませ。??

いつも訪問ありがとうございます。^^
ブログランキングに参加しています。


下のバナーを「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2013-09-01 01:41 | テレビ番組 | Comments(2)

Highly ギフテッドの子を持つ親のつぶやきです


by Giftedkid