NHKスペシャル大海原の決闘!『クジラ対シャチ』

録画しておいたNHKスペシャルドキュメンタリー番組大海原の決闘!『クジラ対シャチ』を子供と見ました。

太平洋とその北のベーリング海を隔てるアリューシャン列島東にある、幅10キロほどのユニマック海峡で毎年、クジラとシャチが激しい争いを繰り広げます。春から夏にかけて、ベーリング海の豊富な餌を求めて、コククジラやザトウクジラの群れが延べ4万頭も集まり、それを肉食のシャチが待ち受けるというもの。
見ていて、たくさんの驚きと感動があり、とってもお勧めです!
(以下は少し内容について書きますので、ご興味ある方は飛ばしてくださいね)

コククジラの親子がシャチの標的となり襲いかかる瞬間、ザトウクジラの群れが現れそのコククジラの子どもを救出するという驚きの風景も見られました。我が子に限らず種類の異なる全く関係のないクジラを助けようとする、思いやりのある気持ちがあるのでは、と専門家も驚いていました。

半数の子供がシャチに教われるという命を落とす危険を冒してまで、何故クジラはアリューシャン諸島まで毎年旅をするのか。どうして同じ時期にクジラ&シャチが集結するのか。
母クジラが子供を守る為にする行動とは。などなどたくさんの疑問を順序良く、わかりやすく応えてくれています。Gはしがみついて見ていました。
NHKスペシャルは、いつも興味深い内容を深く掘り下げて説明してくれるので子供も大人も楽しめる番組だと思います。

1年程前に見た「ハッブル宇宙望遠鏡 銀河の泡の謎に挑む」もとても素晴らしい番組でした。
日本だと、有料ですがオンデマンドで視聴できるようです。

知的欲求を満たしてくれるこうしたドキュメンタリー番組を見せると、Gは早口で質問を投げかけて来るので、ヘタすると番組の続きが見れなくなります。リモコンを小休止して、ちょっとした説明をしたり、質問されそうな雰囲気を察してナレーションをわかりやすく(私も)早口で説明します。
なぜか、見た後は爽快感があるようで、勉強したくなるようです(笑)。

今回も、番組終了後、最近中途半端になっていたオンライン学習EPGYの数学コースの続きをやりたいと言い出しました。2時間ほど机に向かい、5年生学年末テストも含め、無事合格できました。
7歳なのにこうした集中力、一貫してやりとげようとする粘り強さには、大人の私も圧倒されることがあります(お絵描き、など苦手なものは例外のようですが、笑)。

知的欲求をちょっとでも満たしてあげると、どんどん次の事に挑戦したがる様子。
毎日の子育てで忙しくしてしまい、ついテレビをずっと見せてしまったりしてましたが、これから気にかけてあげないと、と反省しました。

Gは達成感を感じたのか、大好きなiPadのゲーム《Plants vs. Zombies》を今楽しんでます。
頭脳ゲームで、戦略たてないといけないとか。Gがルールを説明してきても、ちんぷんかんぷんです(笑)。

応援のクリックお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2012-12-28 08:19 | テレビ番組

Highly ギフテッドの子を持つ親のつぶやきです


by Giftedkid