ことばのずかん

e0297789_11451.jpg今日は、Gが4歳くらいのときに大好きだった本をご紹介します。
Gはどこに行くにも持ち歩き、ベッドで一人よく読んでいました。

ことばのえじてん

日常のことば、もの、言い回しを、こどもの視点にたってわかりやすい言い方で簡潔に説明しています。

例えば、《ていあん》ということば。みなさんはお子さんに意味を聞かれたらどう説明しますか?
本に書かれた意味:じぶんが いいと おもった かんがえを、みんなに はなすこと。
私は当初、頭で意味はわかっていても、それを言葉に出す事ができず困りました(笑)。せいぜい、《いいなと思った事》、くらいです。でも、それではみんなに伝える事、が含まれていないんですよね。

例2 《ひ(火)》→ねつとひかりを だして もえるもの。

例文も書かれていてわかりやすく、この本に慣れるうちに、大人の図鑑のことばもこどもの言い回しで説明できるようになった気がします。逐次通訳をしているような頭の使い方をするので、あとでちょっと疲れますが(笑)。

Gが質問をしてきた瞬間が、知りたいときなので、出来るだけ忠実に書かれてある事を噛み砕いてGのことばの理解度にあわせて伝える事、が私のせめてもの使命かな、と思っています。(私には知識があまりないもので、笑)

海外にお住まいで、お子さんが日本語を第2外国語として、あるいは母国語として勉強されているご家庭にもお勧めです!ものの数え方(1羽、1匹、1個、1本など)や、くだものの種類、色の言い方、などなどカテゴリーでの表もあり、いろんな日本語が学べる本です。

Gは今、となりでパパと一緒にボードゲーム《チェッカー》をしています。
ゆうべパパに教わってiPadの画面でひたすら静かに。1年前のGなら、負けず嫌いで負けると泣き叫びゲームどころじゃなくなる程でした。
2人で真剣に静かにあそべるところを見て、子供の成長を垣間見ました。??
2回対戦し、Gが両方とも勝利。3回目を途中でGがストップ。負けそうになってやめたそうです。パパは「途中でやめるなんてずるいよ!」と言いますが、完璧主義のGの性格がよく出ていてます。
「勝ったときってうれしいよね。負けるのは楽しくないかもしれないけど、それによって学ぶ事もあるよ。勝ち負けだけが大切ではないよ。最後まで頑張った方がエラいよ。」と言ったらゲームに戻りました(汗)。

あと、Gが最近はまっているのは、Connect4
簡単なルールで、早く4つ(縦・横・斜めどれでも)揃えば勝ち。6歳から、と書かれてました。

みなさんもお子さんと楽しい年始年末を過ごされます様に♪

応援クリック宜しくお願い致します!

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Giftedkid | 2012-12-30 12:17 |

Highly ギフテッドの子を持つ親のつぶやきです


by Giftedkid