うそとの闘い

ここアメリカの中学生7年生のGは、授業でiPadを使います。一人一台、学校から貸与、あるいは個人購入など。
うちでは一台買いました。
ゲームアプリも入っていて、私の見ていない隙を見て家でも遊ぶことがあるようです。

ダイニングルームで宿題、私の目の届く範囲でiPadで宿題の確認をします。
夜は、充電のため主人のオフィスルームに持っていくのですが、昨夜、Gに(そうしたのか)確認したところ、
「もう、オフィスにiPad持って行ったよ(=充電している)。」と言いました。
e0297789_08442233.jpg
今朝、私が起きると、ダイニングルームの充電器につなげてありました。
ゆうべ、自分の寝室に持って行って遊んでいたようです。
(その後、オフィスに持って行こうとしたのでしょうが、既に主人が鍵を占めていたためダイニングの充電器を使ったようです)

「なぜ、ここにあるの。」と問いただすと、昨夜遊んでいたと白状しました。
ゲームし放題だったんでしょうね。
(ちなみに、ペアレンツ・コントロールがあるので、変なサイトを見たりはできません)

夜遅くまでこうして遊んだり、本を読んでいたり。。。
「早く寝なさい。」と言ってもこうです。

最近嘘も巧妙になり、こんなことがよくあるので、「約束が守れないなら、iPadは使わせない(=学校には持っていくな)。」と言いました。学校に持っていけないとなると、授業で使えず、困ったことになるでしょう。

学校に着いてから、再度話をし、「今度嘘をついたらiPadにあるゲームアプリを消去する。」としました。

社会で行きていくためには、時にはウソをつくことも必要でしょう。その能力を培うことも大切です。
しかしながら、親と子の関係で嘘をつくことに慣れて欲しくない、という思いもあります。

ティーンエージャーになるに向けて、色々と頭を悩ませることも、多々出てくるのでしょうね。105.png
11歳だというのに、すでに私の身長より12センチも高く、12キロも多いなんて。
成長が早すぎる〜!

応援クリックよろしくお願いします💕

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by Giftedkid | 2017-08-31 08:22 | せいかつ

Highly ギフテッドの子を持つ親のつぶやきです


by Giftedkid